無職の方の賃貸専門(質問疑問)

無職の方の賃貸専門(質問疑問)

1. 無職の状態で上京しても部屋を借りることは可能でしょうか?
保証会社を利用すれば借りることは可能です。無職の状態でも保証会社を利用すれば借りることは可能です。ただし、当然ながら申込資格が正社員のみ等としている物件もありますので全てのお部屋が可能という訳ではありません。また、保証会社にも審査が有り、条件(連帯保証人を付ける条件など)が付加される場合があります。審査基準は、保証会社に異なりますが、預貯金の残高等や失業手当の給付の有無等を審査の判断基準にする場合があります。※預金残高の目安については、担当者へご確認下さい。

2. 上京して部屋探しを考えていますが何日も滞在出来ません。すぐに部屋は見つかりますか?
上京前に十分検討して見学する部屋を絞り込んでおけば最短日帰りでも部屋が見つかります。上京前にある程度、見学する部屋を絞り込んでおけば、上京当日の朝いちばんから見学が可能ですので十分に日帰りでも可能です。ただ、念のため入審審査の結果や不測の事態に対応するため出来れば最低1泊2日程度の予定を組まれた方が宜しいかと思います。また、上京なされる曜日は、なるべく不動産業者の定休日が集中する水曜日を避けた方が無難です。

3. 東京への引越しのために最低限いくら位のお金が必要ですか?
契約金(敷金・礼金・仲介手数料・前家賃・火災保険料・賃貸保証料など)及び引越し代、物件により異なりますが契約金として賃料の3カ月分〜5か月分程度がかかります。敷金ゼロ・礼金ゼロを謳っている物件もありますが契約時にルームクリーニング代や鍵交換費用・消毒代などかかる物件もありますので注意が必要です。また、引越業者に依頼して遠方からお引越しされる場合には、費用が高額になる場合がありますので事前に見積もり等で把握しておく必要があります。

4. 東京にはこれまで住んだことがありません。お薦めのエリアはありますか?
上京前に十分にお話をお聞きしたうえでお薦めエリアをご提案させていただきます。例えば、仕事で帰りが遅くなりそうな可能性がある方には、終電や乗継の良い沿線、なるべく家賃を節約されたい方には、家賃が安めのエリア、御家族で上京される方には、住環境重視や文教地域などをご提案いたします。東京へは、観光でしか行ったことがないという方は、多いと思いますので希望エリアの評判や通勤電車の混雑具合から駅前の商店街の充実度まで何でもお気軽に御質問下さい。すぐにご回答できないご質問については、お調べいたします。

5. 現在、無職ですがそもそも上京にあたり職探し、部屋探しどちらを先にすべきでしょうか?
理想でいえばお仕事が決まってから上京されるのがいちばんですが、現実として先に部屋を見つけて東京に住居を確保してから就職活動をなされる方は、少なくありません。派遣会社に登録しても東京に住所がないと仕事が紹介されにくかったり、アルバイト・パートの面接も受けられないケースがあったりします。また、採用面接の度に上京をすることになるとその都度交通費や宿泊代等も掛かるため、先にお部屋を探すということは珍しいケースではありません。

 6.東京で就職すれば電車通勤になると思いますが平均的な通勤時間は、どの位でしょうか?
単身の方であれば通勤時間は、だいたい30分〜1時間程度です。統計があるわけではありませんが弊社へお問合せいただいたお客様は、だいたい上記の範囲内でお部屋を探しています。通勤時間が短いに越したことはありませんが、当然、多少都心から離れれば賃料相場が安くなり、同じ賃料でも部屋が広くなったり、設備が充実したり、築年数が新しくなったりします。
参考までに利用する電車の朝の混雑率や急行停車の有無などの検討は重要です。

 7.あまり初期費用の準備ができません、いわゆるゼロゼロ物件を検討していますがどうでしょうか?
敷金・礼金ゼロの物件でもその他の費用がかかる場合があったり、そもそも賃料設定が相場より高い場合もあります。また途中解約の場合には、違約金が発生する場合があるので事前に確認して下さい。他、敷金ゼロと謳っていても実際、契約時にルームクリーニング代や消毒代などの名目で請求される場合があったり、保証料が通常より高額だったりする場合があります。ただ、すぐにお引越しをしなければならない等の状況がある場合は、契約前に十分に契約内容を確認する必要があります。

8. 連帯保証人不要の保証会社を利用を検討していますが保証会社の審査とは?
基本は、審査の申込書と身分証明書を基に審査します。カード審査や信用調査に掛けるものから審査申込書の書面のみで審査する保証会社までさまざまです。無職の方の場合、審査書類として預金通帳の残高コピーの提出を求められる場合があります。また、原則、親族の緊急連絡先は、必要になります。審査の結果は、どの保証会社も比較的すぐ判明し、早いところでは申込書をFAXして15分程度で結果が出るところもあります。他、保証会社では、審査基準や否決の理由は、開示されません。また、保証料は、基本1年更新で初回年間保証料が賃料等総額の30%〜100%で翌年から家賃の滞納や遅延がなければ年額10,000円程度で更新が出来ます。

9. なるべく早く上京したいと考えていますが最短何日で引越しが可能ですか?
経験上、お部屋の見学⇒入居申込⇒入居審査⇒重要事項説明・賃貸借契約⇒鍵の受領まで最短で2日あれば可能です。ただし、部屋を借りるという契約は非常に重要な事由ですのであまりに拙速に行うことはお薦め出来ません。参考までに最短の日程で入居するためには、審査書類(身分証明書・預金通帳のコピーなど)、必要書類(住民票、連帯保証人が必要な場合は印鑑証明等)を事前に準備し、また、契約金は、現金で用意する場合がありますので出金できる状態にしておいて下さい。他、不動産会社によっては、一定期間経過しないと契約締結が出来ない場合や提出書類に不備があると鍵の受領が出来ない場合があります。

10. 上京まで1カ月後位に考えていますが通常は、何日後位から家賃は発生しますか?
基本、申込みから契約締結までだいたい1週間程度で行います。家賃発生も通常は、申込日から1週間〜10日後位に発生します。ただ、大家さんや不動産会社との交渉により家賃発生日を延ばしてもらうことも少なくありません。また、上京のタイミングが少し先の方の場合は、いわゆるフリーレント物件を検討なされるのも良いかもしれません。※フリーレント物件とは、シンプルに言えば契約始期から1〜2カ月分程度賃料がフリー(無償)になるものです。現在住んでるお部屋との解約の兼ね合いで家賃が2重にかかってしまう方などは、検討されるのも良いでしょう。ただし、短期で解約する場合は、ペナルティーとしてフリーレント分の違約金を請求される特約が設定される場合がありますので注意が必要です。

11. 東京に上京を考えていますがタイミングとしていつ頃が良いでしょうか?
物件数が多いのは、繁忙期にあたる1月中旬〜3月上旬です。また、閑散期の中でも4月・7月・8月は、比較的交渉事が進めやすい時期でもあります。1月〜3月はご存知の通り、学生や新社会人の方が進学や就職によりお部屋の入居退去が活発な時期で物件数も豊富ですがお部屋探しの需要が高い分、家賃交渉や条件交渉などは、あまり出来ません。反対にお部屋探しの閑散期は、このまま空室にしているよりは、多少の条件交渉を受けても入居してもらおうという心理が働きますので比較的交渉事は、進めやすい時期であります。参考までに12月は、1カ月後に繁忙期が来るため条件交渉しても見送られる場合があります。

12. 友人と2人で東京に上京を考えています、入居審査等で注意すべき点は?
大家さん・不動産会社によっては、友人同士の入居を不可としている物件は、少なくありません。相談可能な物件でも連帯保証人をそれぞれ求められる場合があります。また、借主名義を誰にするか、万が一2人入居を解消した場合のことなど事前に確認しておくべき事項があります。友人同士で入居する場合、近隣への騒音の問題や入居者の1人が出て行ってしまった場合の賃料の支払いやそれに伴う連帯保証の問題等で不安を持たれる大家さん・不動産会社は、少なくありません。また、退去時の敷金の精算等でトラブルになるケースもありますので注意が必要です。

 13.上京してから就職活動を考えているためなるべく家賃を抑えたいのですが?
ただ家賃の安さばかりに拘って部屋探しをすると、後々日常生活での不便や問題を抱えたり、最悪の場合、もう一度引越しを考えなければいけないことにもなりかねませんので設備や立地、環境などを総合的に考え判断して下さい。例えば設備面で言えば、洗濯機置場が無い、5階建でエレベーターが無い、電気キッチンのため自炊できない、自転車置き場が無い、部屋が狭すぎた等、環境面では、線路脇や工場が隣接していて音が気になる、幹線道路に面していて洗濯物が干せない、北向きのため結露・湿気がひどい等、他、最寄駅が各駅停車しか止まらない、部屋と駅までの距離が離れすぎている等など、物件見学の時は、なんとかなると思っていても実際に生活を始めるとこんなはずでは、と思うことは必ず有ります。個人差がありますがそれがなんとか我慢できる範囲であればかまいませんがそうでない場合は、大変です。

14. 地方在住で部屋探しのためになかなか簡単には、上京できません、何か良い方法は?
e−mailやお電話で物件のリクエストをお伺いいたします。ご希望の条件にあった物件の資料をe−mailやFax等でお送りいたします。その中で気になる物件がございましたらご見学の段取りを組ませていただきます。入居審査が不安な方は、事前に現在の状況等をお伺いさせていただき、入居審査において相談可能な物件のみをご紹介いたしますのでご安心下さい。稀に図面や現地及び室内写真だけで入居申込みを受け付けてくれる不動産会社・管理会社もございますのでご相談下さい。ただ、申込み後、一度は、上京してご来店いただく必要がございます。

15. 50代の男性ですが上京して仕事を探そうと考えていますが部屋の紹介は、可能でしょうか?
実際のところ、同じ求職中の方でも20代、30代の方に比べればご紹介可能な物件が少ないのは、事実です。ただ、条件をあまり固定せずにエリアを限定されなければ十分、ご紹介可能な物件は、見つかるかと思います。抽象的な言い方になりますがご本人さまが真面目でご誠実な方であれば弊社としても出来る限りお部屋探しのお手伝いをさせていただきます。ただ、親族の方で緊急連絡先としてお願い出来る方は、最低限必要になります。

16. 定期借家契約の物件であれば相談可能と言われましたが何かデメリットは?
簡潔にご説明すると定期借家契約は、予め決められた契約期間が満了すると賃貸借契約も終了するもので退去しなければなりません。更新契約は、出来ません。(そもそも更新という概念がありません。)但し、引き続きお部屋を借りたい場合は、再契約という形になりますが貸主の同意が必要です。最初から再契約不可の物件もございますので確認が必要です。本来は、老朽化等の理由で立て壊す予定の建物を期間を決めて賃貸するためやを転勤等の理由で一時的にお部屋を貸すためなどの理由で使われておりましたが、最近では、家賃滞納者や不良入居者の対策のために使用している場合があります。また、通常再契約する場合は、普通賃貸借契約でいう更新料の代りに再契約手数料といった名目で費用がかかる場合が見受けられます。

 17.上京して部屋探しを考えていますが入居審査に通る裏ワザはありますか?
基本的に入居審査に通る裏ワザはありません。ただ、大家さんや不動産管理会社に簡単に好感をもたれる方法は、あります。@待合わせ等でお部屋を見学する場合、時間厳守A最低限の身だしなみ(例えば、見学中に喫煙、派手な服装や無精ひげ等はNG)B遜る必要はありませんが大家・管理会社との会話は電話も含め丁寧に対応C上京する目的(引越し理由)を明確に説明できること等が出来れば相手側の印象も良くなります。当たり前の話ですが大家さんも不動産管理会社も真面目な入居者を望んでいます。この人は、毎月きちんと家賃を払ってくれるか入居後トラブルを起こさないかなど考えます。大手の管理会社の中には審査基準に借主の印象や電話応対の態度などという項目を設けている会社もあります。実際、書面の審査上承認が出ても入居後トラブルを起こしそうな場合、否決されてしまう場合もあります。また、入居申込書に虚偽の内容は、絶対に記入しないで下さい、後々トラブルに発展する場合があります。最悪の場合、賃貸契約締結後であっても契約の取り消し・破棄などに発展する可能性もあります。

18. 東京都内以外、例えば横浜市・川崎市等の地域でも物件の紹介は可能ですか?
横浜市、川崎市は、もちろん千葉方面(松戸市、船橋市、市川市、浦安市等)、埼玉方面(さいたま市、新座市、川口市、蕨市、和光市、朝霞市、戸田市、草加市等)でもお部屋探しのお手伝いをさせていただきます。上記のエリアは、都心への通勤・通学に無理のないエリアであり、ベットタウンとしても人気があります。東京23区の家賃相場と比較してもリーズナブルな賃料でお部屋を見つけることも可能です。大概の駅は、一定規模の商業施設があり、日常の買い物等で不便を感じることはありません。また、JR山手線の各駅まで概ね20分〜40分程度でアクセス可能です。

 


具体的なご質問・ご相談は、お気軽にお問合せ下さい。

お気軽にお問合せ下さい。
03-5356-6131

受付時間 : 10:00〜18:00

※受付時間は、あくまで目安ですので
ご都合の良いお時間をお申し付け下さい。

 

         お問合せフォームからのご質問・ご相談は、下記よりお願いいたします。

         

▲このページのトップに戻る