【賃貸保証】無職でも部屋は借りられる。保証会社の審査突破が入居審査の最重要ポイント

 

賃貸保証会社を利用すれば管理会社も大家さんも安心!そのシステムとは?

基本的に賃貸保証契約は、貸主(大家さん・管理会社)借主賃貸保証会社保証委託契約書を締結いたします。賃貸保証料は、通常、借主の負担になります。万が一、借主が賃料を滞納した場合、その賃料を賃貸保証会社が借主の代わりに貸主へ支払います。その後、賃貸保証会社が立て替えた賃料を借主へ請求する形になります。貸主からすると賃貸保証が付けば、いちばんの心配事である家賃滞納のリスクがほぼゼロとなります。そこで無職の方が部屋を借りる場合の最重要ポイントは、いかに賃貸保証会社の審査承認が得るかに尽きます。それでは、どうしたら無職の状態で賃貸保証会社の審査を突破出来るのでしょうか。賃貸保証の仕組みから入居審査の方法、各保証会社の難易度や対応方法、保証料の金額など、保証会社への素朴な疑問まで細かく説明してまいります。

※画像のサイズは可変です。
  横幅が550pxまでの画像なら挿入することができます。
  画像の大きさによって、文章の幅が変わります。

※画像を貼り付ける際は「回り込み指定無し」を選択して下さい。

▲このページのトップに戻る